サブフローの使い方について

「ASTERIA Warp」「ASTERIA 3」「ASTERIA On Demand」の
インストール・動作環境・パイプライン機能・フロー機能など全般について

サブフローの使い方について

投稿記事by soukennbichaaa » 2017年10月11日(水) 17:26

サブフローの起動時に、引数を渡して実行することはできるのでしょうか。できれば方法を教えていただきたいです。

いくつかのデータの処理を毎回一つのフローで行いたいと思っています。処理内容自体はどのデータでも共通なのですが、データの抽出条件が毎回異なるため、その条件となる値を引数で渡してサブフローを呼び出し、以下の処理を行うということをしたいのですが、サブフローに引数を渡すという処理が見つからなかったので、できないかどうか確認したいと思っています。

もしこの方法ができない場合、何かほかの方法など知っている方がいたら教えていただければと思います。
soukennbichaaa
 
記事: 12
登録日時: 2017年10月11日(水) 14:51

Re: サブフローの使い方について

投稿記事by itete » 2017年10月12日(木) 12:48

フロー変数をサブフローに作成し、右のほうにある「公開」にチェックを入れます。
メインフローでサブフローを呼び出す際、SubFlow コンポーネントの前に Mapper を置くと、
右側の「パラメーター」の部分にその変数が見えますので、そこにマッピングをすればサブフローへ値を渡せます。
マッピングする代わりに、SubFlow コンポーネントの「パラメーター」タブで、プロパティ式などで
値を指定して渡すこともできます。
サブフローは、フロー変数にその値が入った状態で始まります。

同じ要領で、メインフローの SubFlow コンポーネントの次に Mapper を置くと、
サブフローの公開フロー変数の値を受け取ることもできます。

なお、フローを作成後に、サブフローの公開フロー変数の名称を変更した場合、
メインフローでは SubFlow コンポーネントのパラメータが変更前のままの名称となっています。
その SubFlow コンポーネントを右クリックして「サブフロー情報の更新」を必ず行ってください
(あるいは、SubFlow コンポーネントを設置し直してください)。
これを行わないと、値の受け渡しが行われず、理由がわからずに悩むことになります。

それ以外では、外部変数セットを使用してフロー間で同じリクエスト変数を読み書きする方法や、
ParameterList ストリームなどとしてフロー間で値を渡すこともできます。
itete
 
記事: 157
登録日時: 2007年1月09日(火) 12:15

Re: サブフローの使い方について

投稿記事by soukennbichaaa » 2017年10月17日(火) 17:56

ありがとうございます!
解決しました。
公開にチェックすることでサブフローへ値を渡せるんですね!
使い方にまだ慣れないですが、使いこなせるようになりたいと思います。
soukennbichaaa
 
記事: 12
登録日時: 2017年10月11日(水) 14:51


Return to 聞きたい、知りたい、教えます

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[3人]