動かないときの原因調査の方法は?

「ASTERIA Warp」「ASTERIA 3」「ASTERIA On Demand」の
インストール・動作環境・パイプライン機能・フロー機能など全般について

動かないときの原因調査の方法は?

投稿記事by kikawa » 2018年4月17日(火) 09:38

アステリアワープでフローが動作しなくなったときの原因を調査したいのですが、皆さんどのように行っていますか?
kikawa
 
記事: 50
登録日時: 2017年12月25日(月) 16:43

Re: 動かないときの原因調査の方法は?

投稿記事by arimitsu » 2018年4月18日(水) 12:02

フローデザイナーでデバッグ実行します。
デバッグ実行できないときは、フローを細かく切ってみたり、マッパーを置いて値をログへ出力してみたりします。
arimitsu
 
記事: 46
登録日時: 2015年6月16日(火) 16:54

Re: 動かないときの原因調査の方法は?

投稿記事by kikawa » 2018年4月18日(水) 13:10

arimitsu様

ご教授ありがとうございます。
マッパーを細かく切って原因調査をするのですね。
kikawa
 
記事: 50
登録日時: 2017年12月25日(月) 16:43

Re: 動かないときの原因調査の方法は?

投稿記事by arimitsu » 2018年4月19日(木) 12:41

そうですね。
1つのマッパーの内容が多くなることもありますので、マッパーを切る場合もあります。
arimitsu
 
記事: 46
登録日時: 2015年6月16日(火) 16:54

Re: 動かないときの原因調査の方法は?

投稿記事by kikawa » 2018年4月23日(月) 09:00

ただ追加の質問なのですが、フローデザイナーでマッパー単体では動作しなく、あくまでフローの全体として動作しない場合があると思います。
その場合はどのように調査するのでしょうか?
kikawa
 
記事: 50
登録日時: 2017年12月25日(月) 16:43

Re: 動かないときの原因調査の方法は?

投稿記事by arimitsu » 2018年4月23日(月) 22:07

フローでエラーが起きている場合、エラーが発生しているコンポーネントへの入力ストリームさえあれば、コンポーネントの動作を再現してエラーを調査修正できますので、
エラー発生時にストリーム内容を保存して、後でゆっくり検証するという方法もあります。
トランザクション化している場合なども、まとまった処理が始まるコンポーネントを確認し、同様に調査できます。
arimitsu
 
記事: 46
登録日時: 2015年6月16日(火) 16:54

Re: 動かないときの原因調査の方法は?

投稿記事by kikawa » 2018年5月02日(水) 12:48

あと最近わかったのですが、マッパーに置いた以前使用したコンポーネントは再利用しないほうがいいですよね?
kikawa
 
記事: 50
登録日時: 2017年12月25日(月) 16:43

Re: 動かないときの原因調査の方法は?

投稿記事by arimitsu » 2018年5月07日(月) 12:45

「再利用」が具体的にイメージできないのですが、
例えば、入力ストリームが異なるが同じフローの同じマッパーを通る場合などは、作成時に注意が必要になります。
ある入力ストリームを使用してマッパーの動作を確認していても、他の入力ストリームでは予想外の動きをしてしまうかもしれません。
arimitsu
 
記事: 46
登録日時: 2015年6月16日(火) 16:54

Re: 動かないときの原因調査の方法は?

投稿記事by kikawa » 2018年5月07日(月) 16:12

フローの再利用とは他のフローで作成したフローをコピペして他のフローで利用することです。
kikawa
 
記事: 50
登録日時: 2017年12月25日(月) 16:43


Return to 聞きたい、知りたい、教えます

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[3人]

cron