マッパーを使いExcelのIFのような作業をさせたい

「ASTERIA Warp」「ASTERIA 3」「ASTERIA On Demand」の
インストール・動作環境・パイプライン機能・フロー機能など全般について

マッパーを使いExcelのIFのような作業をさせたい

投稿記事by okosiyas » 2019年1月03日(木) 19:00

年末年始に大変申し訳ないのですが、現在フローの作成にて困っておりましてこちらに質問させてください。
ExcelのIF文のような作業をマッパーでしようと思っています。
しかし、AsteriaWarpでのこの処理の再現方法が分からずおります。この場合どのように実現すれば良いでしょうか。

===============元の取込データここから===============
会員番号,来店数,会員ランク
0001,1,,
0002,2,,
0003,5,,
0004,100,,
===============元の取込データここまで===============

===参考情報ここから===
来店回数
1回=新規
2〜6回=再来
7回〜∞=常連
===参考情報ここまで===

===============表現条件ここから===============
この場合4つのユーザーが存在していて、それぞれ下記のような動作をAsteriaWarpに行わせたいと考えております。
(1)0001のユーザーは来店数が"1回"になる為、会員ランクは"新規"としたい
(2)0002のユーザーは来店数が"2回"になる為、会員ランクは"再来"としたい
(3)0003のユーザーは来店数が"5回"になる為、会員ランクは"再来"としたい
(4)0004のユーザーは来店数が"100回"になる為、会員ランクは"常連"としたい
===============表現条件ここまで===============

===============処理後のデータここから===============
会員番号,来店数,会員ランク
0001,1,新規,
0002,2,再来,
0003,5,再来,
0004,100,常連,
===============処理後のデータここまで===============

一応、応急的解決先はありまして「キーから値への変換」にて1回から99999回程度までの照合表をcsvを作り、
それを参照し値を入力するという事で対応は可能なのですが、エクセルでいう >や<のような感じで上記の
処理が行えればと思っており、その方法・パーツがあればご教示頂きたいです。

初心者的な質問で大変恐縮です。
何卒、よろしくおねがいします。
okosiyas
 
記事: 3
登録日時: 2018年11月16日(金) 18:02

Re: マッパーを使いExcelのIFのような作業をさせたい

投稿記事by itete » 2019年1月08日(火) 11:58

RangeTable 関数を使用すると、目的の変換が可能です。
最小値と最大値によって範囲を指定した変換表を用意しておき、文字列に変換できます。
itete
 
記事: 157
登録日時: 2007年1月09日(火) 12:15


Return to 聞きたい、知りたい、教えます

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: Google [Bot] & ゲスト[10人]