オブジェクトとフィールドと変数の取り扱い

ASTERIAでこんなことできる?…と思うことなど、ご遠慮なく...(^_-)

オブジェクトとフィールドと変数の取り扱い

投稿記事by authroi » 2017年12月23日(土) 09:30

データの取り扱いについて基本書だけだとしっくりこないのですが、マッパーでフィールドのobjectへ→が向かう時は、たとえばどのようなケースがあるのでしょうか。それと混同しているのが、ストリームと書かれた一番上のものが、マッパー右側へ途切れ矢印で右に向かっているものです。前者であればファイルそのもので後者は中のファイル?という解釈です。

後者の場合もどのように使うのかケース含めて内容をわかりやすく教えて頂けないでしょうか。
あと外部変数ログはどこに吐かれていくのかの設定方法がわかりませんでした。

フローの最後にマッパーで左側フロー変数を右側フィールドのobjectに詰めてフロー終了コンポーネントにつなげているのも、どこに出力されているものなのでしょうか。
よろしくお願い致します。
authroi
 
記事: 3
登録日時: 2017年12月23日(土) 09:09

Re: オブジェクトとフィールドと変数の取り扱い

投稿記事by mario » 2018年1月17日(水) 18:43

まず、点線の矢印でストリームが結ばれているものについてですが、それは、マッパーのプロパティで、
「入力をそのまま出力」が「はい」になっている時です。この場合は、マッパーに入力されたストリーム
がそのままマッパーの出力となります。マッパーに入力されたストリームは何もいじらないで、フロー変数
などにだけマッピングしたい場合にこれが使われます。

次に、マッパーの出力の型が「Text」とか「Binary」、「HTML」などの場合は、そのデータを「Object」に
マッピングします。例えば、「Text」の場合に、マッパーでConst関数を使用して文字列を設定し、「Object」
にマッピングすると、マッパーの出力ストリーム(出力データ)がConst関数で設定した文字列になります。
mario
 
記事: 153
登録日時: 2009年1月19日(月) 17:32


Return to ビギナールーム

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[2人]